坂本トンネル

徳島県道16号線(徳島上那賀線)の旧道にあるトンネルです。
開通したのは1907年(明治42年)で、徳島県内のトンネルの中では最古参の部類に入ります。
レンガ造りの入り口が時代を感じさせます。

南側には徳島県道16号線の現道、新坂本トンネル(1990年開通)が通じていますが、坂本地区の集落は旧道沿いにあるため旧道となった今も坂本地区の住民の生活道路となっています。
ちなみに、徳島バスの勝浦線も旧道を通ります。狭いトンネルからバスが出てくるさまは迫力があります。

主要データ
延長:125m
幅員:3.7m
高さ:3.1m
所在地:勝浦町坂本
竣工:1907年

徳島観光データベーストップへ